SEO対策:統一教会 SEO対策:ボランティア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮年の活動の一つでもう長い間教会に設置しているペットボトルキャップ回収箱。
今まではただ集めて知人が登録しているNPO法人にその知人を通して渡していましたが、今回まちピカの会として直接登録してもらい送っています。

今日はそのNPO法人「キャップの貯金箱推進ネットワーク」の紹介です。
ここは3つの社会貢献をしています。

以下、HPより抜粋です。
*********************************
キャップの貯金箱推進ネットワーク

○キャップをごみにしないでリサイク
 ペットボトルのキャップは多くが燃えないゴミで処理されています(自治体によっては資源ごみ)。キャップをプラスチックゴミとして焼却処分すると400個で3,150gのCO2が発生します。キャップをボトル本体と分別することで別々の素材になるので再利用が可能です。キャップを分別回収することで再資源化を促進し地球温暖化防止に貢献しましょう。分ければ資源、混ざればゴミ!
○障がい者自立支援施設に仕事を提供
現在、ほとんどの障がい者施設では、障がい者の方々が行う仕事の量が激減しているようです。障がい者の人たちが生活していく中で、社会に参加しているという意識をもつことが大切といわれています。「キャップの貯金箱推進ネットワーク」では障がい者の皆さんに、異物除去作業等の仕事をしていただくことで自分たちが社会に参加しているという意識をもっていただき、自立していくことへの支援ができればと思っております。
○世界の子どもにワクチンを寄付
 世界では今、1日に約4000人の子どもたちがワクチンを接種できずに死んでいます。当団体は社会貢献活動として集めたキャップをリサイクルメーカーに売却し、その売却益を「認定特定非営利活動法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付させていただき、この団体を通じ、世界で救いの手を必要としている方々にワクチンや医療物資等の必要なものを贈らせていただくお手伝いをさせていただいています。キャップ約800個でポリオ(小児麻痺)の子どもが一人救えます。
*********************************

事前登録すると結果レポートとを送ってもらえたり、HPに協力者リストに載せてもらえるそうです。
今お願いしています。

教会のみなさんもずっと協力していただいていて、現在1ヶ月で段ボール2箱程度集まっています。
これからも続けていきたいと思います。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。