SEO対策:統一教会 SEO対策:ボランティア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新聞紙面の中和新聞が終わるそうです。

今月号(7月号)の中和新聞をみて驚きました。

-----------------------------------------
【社 告】
昨今のIT技術の急速な発展に対応し、中和新聞の発行形態を、「光言社マルチメディアサービス(KMS)ネットニュース」と統合することで、ファックスとインターネットでご覧いただけるようにします。(8月から改名)
そのため、新聞紙面での中和新聞は、本号をもって最終となります。今後も、新生した中和新聞をご愛読いただきますよう、お願い申し上げます。なお、「訓読生活」は休止します。(中和新聞編集部)

中和新聞 2009年7月号
http://www.kogensha.com/products/magazines/c745.html
-----------------------------------------

まあ、編集部側のご事情もありましょうが、私はほんとに残念だと思います。
特に、ご年配の教会員のかたには紙の媒体がなくなると不便になるのでは…

しかし、これまで以前は月2回、発行していたわけで全国の教会の取材、編集等で編集部の方のご苦労が、わかります。本当にお疲れ様といいたい。

これからは、新たに生まれる電子の中和新聞に期待します。



今回の記事で、松本教会の紹介をしていました。
----------------------------
「家庭新聞」で氏族伝導
※詳しくは中和新聞7月号にて…

18年間物間家族の様子をふるさとの両親に伝えようと創刊されたものだそうです。
一番すごいところは、ご両親にプレゼントしても、手紙を書いても、送り返されてきたが、家庭新聞だけは1度も送り返されてこなかった都のことです。

18年の温もりの記録が氏族も、世の中も暖めています(記事より)
-----------------------------

最後に、新聞紙面の中和新聞に「まちピカ」を掲載してもらおうと密かに思っていた”まんでがん”の野望はもろくも崩れ去れさりました…o(TヘTo) クゥ



ランキングに参加しています。
ポチッとしてね
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
こちらもお願いします



コメント
そうですね~。

本当に残念です。
2009/07/17(Fri) 21:05 | URL | 幸せな家庭 | 【編集
ありがとうございます
光言社・社長の小林浩です。長い間、中和新聞をご愛読くださり、誠にありがとうございました。今後は「KMS中和新聞」として、引き続きご愛顧ください。

紙媒体で継続できればよろしいのですが、弊社も独立採算の一企業です。ここ数年、経営が厳しくなっており、苦渋の選択であります。各教会様や各教会員の皆様が喜ばれる内容を作り、多くの読者を獲得していけないと経営が成り立ちません。

そのような会社側の努力をさておいてお願いするのも恐縮ですが、ぜひ全国の教会・教会員の皆様が弊社の商品をたくさんお買い求めくださり、伝道教育にご活用くださることも大切だと感じます。

なにはともあれ、こうして中和新聞についてブログで取り上げてくださったこと感謝いたします。
2009/07/22(Wed) 08:57 | URL | 小林浩 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。